沖縄の長寿の秘訣はシークワーサーとお茶かもしれない

沖縄の大宜味村は日本でも長寿の人が多い村として有名です。
では、なぜこの沖縄の大宜味村に長寿の人が多いのか?
気になりますよね。

そこで気になるのが「シークワーサー」と「さんびん茶」です。
沖縄の沖縄の大宜味村のお家ではそこも急須でお茶をいれてくれます。
そこでよくなまれているのが「さんびn茶」なんです。
「さんびん茶」は緑茶とジャスミンの鼻からつくられています。
このお茶にもなにか長寿の秘密があるかもしれません。
昔からカテキンも健康に良い物とされています。
さんびん茶で上手にカテキンを摂取しているかもしれません。
最近でハマりお茶を飲む習慣も少なくなってきているのが今の日本です。
昔ながらのお茶を飲む習慣が残っている沖縄の大宜味村を見習わなければいけません。

さらに有名なのがシークワーサーです。
沖縄の大宜味村はシークワーサーの一大生産地でもあります。
シークワーサーはご存知の通りとても酸っぱい柑橘類です。
完熟するとオレンジ色に染まり甘くなり、そのままでも食べられます。

沖縄の大宜味村では青切りシークワーサーといって完熟す前のシークワーサーを集荷うして皮ごと絞りだした果汁を利用しています。
お刺身の時の醤油に垂らしたり、焼き魚にかけたり、水割りや炭酸割りでジュースににして飲んだりもしています。

このシークワーサーに複案れているノビレチンが最近注目を集めています。
ノビレチンには
・発がん抑制
・リュウマチの予防や治療
に効果があるという報告もあります。
シークワーサーにはこのノビレチンが多く含まれているのです。
特にシークワーサーの果実表面の皮の部分にこのノビレチンが多く含まれており、皮ごと絞りだす青切りシークワーサーが今は人気があります。

さんびん茶とシークワーサー
今は少し探せばいろいろな所でも販売されていますし、インターネット位dもでも簡単いお取り寄せも可能です。
一度 試してみる価値はあるかもしれません。

美味しく食べて飲んで長寿になるのならそれくらいの手間も惜しんではいけませんね。
青切りシークワーサー どこで売ってる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です